2020年05月26日

日本の技術が高齢者介護を牽引する

この60年間で、世界の65歳以上の長生き人口は5%から9%へと倍増し、日本はその先頭を走ってきました。

日本の高齢化の加速は他の地域よりも顕著で、人口の4分の1以上が65歳以上となっています。

人口の4分の1以上が65歳以上の高齢者となっており、人々は長生きし、何よりもより良く生きている。日本では、最新の技術が医療政策やイノベーションの分野で官民を鼓舞し、高齢者により良い生活の質を提供しています。

高齢化社会は医療システムにとって深刻な課題である。東京で開催された国際サミットでは、世界の医療専門家、公務員、新興企業、海外の代表団が集まり、日本が提供するソリューションが中心となった。

デジタルケアシステムは、日本の戦略の中心となっている。医療データとテクノロジーを融合させてきたのだ。

ドイツ・ポツダムのハッソ・プラットナー研究所デジタルヘルスセンター長のエルヴィン・ベッティンガー氏は、デジタルヘルスのイノベーションにおける世界の主要な専門家の一人であり、"日本で起きていること、ここで起きていることに全く感銘を受けている "と述べた。

"デジタル化の恩恵、市民や社会にとっての人工知能の恩恵は、ヘルスケアの改善、そして遠い将来の健康の改善という点で最大のものになるでしょう:そのためには、私たち自身のデータとの良好な関係が必要です。"

日本では、官民が匿名で処理された医療データを利用できるようにするための新たな規制を設けようとしている。

このデジタル移行がどのように実施されているかを見るために、ユーロニューズは京都の大学病院に行ってきました。

記録の収集は、患者の寝室から始まります。看護師は、血圧、心拍、体温、臨床検査、治療法などの情報を直接サーバーに渡す。

この一連のデータを処理することで、医療はより正確で効率的なものになります。また、医療システムがどのように管理されているのか、何が医療生産の原動力になっているのかを知ることができる。

京都大学医学部附属病院の黒田智弘CIO兼教授は、"この国で何が起きているのか、人々にどのような医療を提供しているのかを理解するためにデータを収集しています。"と話す。

"このデータを利用することで、さまざまな治療やケアが見えてきます。このデータを匿名にして、国がみんなで共有するシステムを用意します。そして、このシステムを通じて、民間企業がデータを利用して、新しい薬や治療法を生み出すことができるのです」と黒田氏は付け加えた。

日本の医療保険は、1億2600万人以上の国民から得た数十億のデータに頼っている。海外でもチャンスの源泉となりうる、ユニークなデータの集合体だ。

京都大学病院健康保険請求ソリューションセンター チーフコンテンツの加藤源太氏は、「日本の国民のケア内容の95%以上がデータ精緻化によってカバーされている。医療データと介護データの両方を一括してデジタルヘルスケアに活用する『トレンド』がある」と述べた。"

"日本は超高齢化社会であり、その過程での知見は世界の多くの国の参考になると思う "と加藤氏は付け加えた。

世界第2位の医療市場を持つ日本。デジタルケアのイノベーションプロセスは、日本の民間医療企業にとって重要なビジネスチャンスを生み出している。例えば、損保の「フューチャーケアラボ」プロジェクトでは、高齢化社会のニーズに対応した最先端技術を開発している。

あらかじめ決められた道を自律的に移動できる車いす「アーティフィカル・インテリジェンス」やコンバーチブルベッド、入浴・就寝時の身体センサーなど、高齢者の自立した生活を支援する技術を開発しています。

損保ホールディングス フューチャーケアラボ チーフの片岡慎一郎氏は、"日本は超高齢化社会であり、テクノロジーを活用することで介護職員の負担を軽減し、仕事の生産性も向上させることができる。"と話す。

"例えば、介護者の業務を軽減するためのソリューションの一つとして、アシストベッドがあります。負担を軽減し、一人分の介護者を減らすことができます」(片岡氏)。

ハイテクなソリューションを超えて、人間的な要素が重要です。患者と介護者の相互作用は、健康を促進することができます。

これは、Silver Wood Corp.が開発したバーチャルリアリティヘッドセットの場合である。認知症を疑似体験することで、認知症の影響を理解し、治療に役立てることができます。

株式会社シルバーウッドの下川原忠道社長は、「認知症の方のために、認知症の方のために、認知症の方のために、認知症の方のために、認知症の方のためのバーチャルリアリティヘッドセットを開発しました。株式会社シルバーウッドは、"介護者と患者さんが分断されるのではなく、双方がお互いを必要とする責任ある関係を作りたい "と考えています。"

"認知症の患者さんが知覚している世界をまさに再現した方法です。バーチャルリアリティを通してそれを体験することで、その人たちの痛みや苦労を理解することができる。そのすべてを感じることができるのが、この技術なのですね」と下河原氏は説明する。

都内のケアハウスで働く介護士は、VRデバイスの教育的価値を高く評価しています。"教科書を読むよりも、認知症について多くのことを学ぶことができたと感じました。

日本の高品質な医療データは、国際的なビジネスチャンスの引き金となる可能性があります。

次世代医療システムの開発に向けて、データの活用と先端技術の活用を推進するこの組み合わせは、日本を革新的な生態系に開かれた国にしている。日本が保有する膨大な量の良質な医療データに触発されて、国際的な協力やビジネスのきっかけになったのかもしれません。

"日本でのこれらのアプローチの成功は感染力を持ち、このコンセプトを受け入れる市民のモチベーションを高め、ヨーロッパ全体、先進国、発展途上国を問わず、デジタルヘルスへの前進という統一されたアプローチを持つことになるでしょう」とベッティンガー氏は述べています。

デジタルヘルスのイノベーションの可能性を最大限に引き出し、平均寿命100年の未来社会を準備するためには、国際的な協力が鍵となるでしょう。
posted by MBN at 15:27| 日記

2020年05月24日

東京:新たに14人の患者を確認

東京都は24日、都内で新型コロナウイルスに14人の感染が確認されたと発表した。また、感染が確認された9人が死亡したことも明らかにした。

東京都は24日、都内で新たに10代から70代の男女14人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。都内で1日に10人以上の感染が確認されたのは3日ぶり。

14人のうち5人はこれまでに感染が確認された人の濃厚な接触者で、9人は現時点で感染経路が不明な人。

東京都の担当者は「1週間で確認された感染者数としては最多だが、保健所からの報告のタイミングが重なったのではないか」と話している。きょうは15日連続で30人を割り込んでおり、減少傾向に変化はありませんでした。

これで東京都内の確定感染者数は5152人となった。

一方、都は、これまで感染が確認されていた50代から90代の男女9人が死亡したことを明らかにしました。

これで、東京都内で感染が確認された人と死亡した人の合計は280人となりました。
posted by MBN at 20:44| 国内

2020年05月22日

靴乾燥機が便利

おすすめは「靴乾燥機」です。

数ヶ月前に「靴乾燥機」を購入して、かなり使っています。

靴乾燥機を購入した理由は、夫の足の臭いに耐えられなくなったからです。夫はサラリーマンなので、毎日スーツを着て革靴を履いて通勤しています。営業職なので、暑い日も寒い日も、雨の日も雪の日も、仕事をしている間は巡回しなければなりません。一日中革靴を履いていることによる足の臭い、それはそれはひどいものです。テレビアニメ「クレヨンしんちゃん」を知っていますか?アニメではしんちゃんのお父さん(ヒロシ)の足の臭いが話題になります。ヒロシの足の匂いを嗅ぐと、周りの人は失神してしまうのですが、その光景を見ていると、主人の足の匂いと重なってしまい、感情移入せずにはいられません。

主人も足が臭いという認識を持っているようで、とても気にしていました。私は商談に行くときに革靴を脱ぐことがあるので、臭いと思われているのでしょうか?同僚から職場で臭いと思われているのかな?と悩んでいました。

私もいろいろと解決策を試してみました。

帰宅後、靴の中にデオドラントを入れる方法を数日続けてみましたが、あまり効果はありませんでした。デオドラントでは夫の足の臭いには勝てませんでした。

また、消臭機能や雑菌機能のある革靴の中敷きを使ってみました。消臭剤よりも効果が見られました。しかし、雨の日に歩いた革靴は、湿気を含んでいたせいか、異常に臭いがしていました。消臭機能のあるインソールでは悪臭に対応できなかったので、何か良い方法はないかとインターネットで調べてみることにしました。

そんな時に目にしたのが、靴の臭いを解決するには靴乾燥機が良いという記事でした。その記事によると、靴の臭いの原因は汗をかくことで雑菌が繁殖し、その雑菌が悪臭の原因になっているそうです。天日干しをしても雑菌は死滅しませんが、靴乾燥機を使って熱風に数時間さらすことで雑菌が死滅し、悪臭が消えていくそうです。

この記事を読んでから、じっとしていられなくなったり、立っていられなくなったりしたので、すぐに電気屋さんに行きました。

いくつかの商品を見たのですが、3,000円くらいで手頃な価格で、布団乾燥機能がついているものを最終的に購入しました。

家に帰ってから、靴乾燥機を使ってみることにしました。靴をセットして、コンセントを差し込んでダイヤルを回すだけという簡単なものでした。

靴乾燥機を使ってからは、革靴の臭いが嘘のように消えました。

また、夫は仕事から帰ってきた時に靴の消臭にシューズドライヤーを使っています。
posted by MBN at 14:20| 日記